野球部通信~新入生紹介①~

ブログをご覧の皆さんこんばんは(^ ^)

本日から4回に分けて新入生を紹介します!

 

記念すべきトップバッターは、、、

①名前:小川渉太郎(おがわしょうたろう)

②出身校:東京都立狛江高校

③学部・学科:農林海洋科学部海洋資源科学科

④身長・体重:167cm 68kg

⑤ポジション:外野手

⑥マイブーム:長湯すること

⑦高知に来て驚いたこと:電車が一両しかないこと

⑧最後に一言:フルスイングでチームに貢献します!

 

2人目は、、、

①名前:金治風香(かなじふうか)

②出身校:兵庫県立姫路飾西高校(兵庫県)

③学部・学科:農林海洋科学部農芸化学科

④身長・体重:156cm  非公開

⑤ポジション:マネージャー

⑥マイブーム:1日の出来事を友達に電話で話すこと

⑦高知に来て驚いたこと:JRのことを汽車って言うこと

⑧最後に一言:マネの仕事を早く覚えてちゃんとできるように頑張ります!よろしくお願いします!!

 

3人目は、、、

①名前:河邑進之介(かわむらしんのすけ)

②出身校:高知私立土佐塾中学.高等学校

③学部・学科:理工学部数学物理学科数学コース

④身長・体重:178cm  78kg

⑤ポジション:投手

⑥マイブーム:ドラマ

⑦高知の自慢:過ごしやすさ

⑧最後に一言:神宮絶対行く。

 

4人目は、、、

①名前:小林大槻  (こばやしだいき)

②出身校:兵庫県立豊岡高等学校

③学部・学科:教育学部  保健体育学科

④身長・体重:177cm   73kg

⑤ポジション:ピッチャー

⑥マイブーム:My Booを歌うこと

⑦高知に来て驚いたこと:一発ギャグの多さ

⑧最後に一言:考えるな。感じろ。

 

 

18C8949B-9517-40DE-A68F-FAFA5689C647(写真左から小川選手、小林選手、河邑選手、金治マネ)

本日は以上です!次回もおたのしみに!!

 

更新者:マネジャー兼光

広告

OP戦結果報告(VS松山大学、香川大学)

ブログをご覧の皆様、こんばんは(*^^)v
本日、久万ノ台グラウンドにて行われました松山大学、香川大学との試合結果を報告いたします。

第1試合

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9
高知大学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
松山大学 0 0 0 4 3 0 0 0 x 7x

第2試合

(オーダー等の掲載はリーグ戦までまでお休みさせていただきます。)

新チーム初の試合となり、初めて試合に出る1回生を中心に緊張感の漂う試合となりました。

1試合目ではあまり安打を出せず、ランナーを得点圏に進めるのが難しい試合となりました。継投する相手投手になかなか対応出来ず、三振が目立ちました。守備の面ではエラーやフォアボールで相手に流れを引き寄せられ、立ち直すことができないまま敗北となりました。
2試合目では長打が多く見られ、チャンスで打つということがしっかりできたと思います。相手のミスを見逃さない走塁で確実に進塁し、積極的なプレーをすることが出来ました。また、投手陣の見事な好投でテンポの良い試合を行うことができ、そのまま勝利となりました。

普段から実践を取り入れて試合を想定しながら練習を行っていますが、やはり本当の試合となると緊張感も加わり、そこから生まれる少しのミスで流れが悪くなってしまいます。
新チームが始まり約1ヶ月が経ちました。まだまだ手探り状態ですが、どうすれば一人一人がチームに貢献できるのかを考えてこれからも頑張っていきたいと思います。

次の試合は
6月22日(土)  インカレ  VS 徳島大学 @坊っちゃんスタジアム 9:00~です。
引き続き応援よろしくお願いします!
更新者:マネージャー兼光

監督交代のご挨拶

ブログをご覧の皆様、こんばんは(^-^)/

この度、川村進一前監督に代わりまして新監督に就任いたしました、坂上博文監督からのご挨拶を掲載させていただきます。

拝啓
時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り心より御礼申し上げます。

小松清祥初代監督交代と8年ほど前にご縁がありまして練習をお手伝いさせていただくようになり、川村進一前監督の後任としてこの度監督に就任致しました。素晴らしい歴史と伝統のある野球部ですので、その重みと責任を感じた大学や関係者の皆様方そして地域の方々にも応援していただける野球部を目指して選手ともども頑張っていきたいと思っております。
つきましては今までと同様に格別のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
敬白

令和元年6月
高知大学硬式野球部
監督 坂上博文

今後とも高知大学硬式野球部をよろしくお願い致します。

更新者:マネージャー兼光

チーム交代のご挨拶②

ブログをご覧の皆様、こんばんは(^-^)/

 

チーム交代に際しまして、先日の旧チームの主将・主務に引き続き新チームの主将・主務からのご挨拶を掲載させて頂きます。

主将を務めさせていただく大石です。新チームでも先輩方の意思を受け継ぎ「リーグ優勝」を目標としています。
「勝つために何が必要か」ということを学年関係なく一人ひとりが考え、学生らしい真摯な態度で日々野球に取り組んで参ります。
今後とも高知大学硬式野球部をよろしくお願い致します。

新主将 大石恭照

 

新チームで主務をさせていただきます、2回生の黒瀬友希です。主務としての自覚と責任を持ち、大石主将を中心に「リーグ優勝」のチーム目標を達成できるように日々精進して参ります。
最後になりますが、高知大学硬式野球部が活動できるのは、保護者やOBの皆様をはじめとする多くの方々のおかげだと思っております。今後も変わらぬご支援のほど、よろしくお願いいたします。

新主務 黒瀬友希

 

今後とも高知大学硬式野球部をよろしくお願い致します。

 

更新者:マネージャー兼光

チーム交代のご挨拶①

ブログをご覧の皆様、こんにちは(^^)

リーグ戦後のオフが終わり、新チームとしての練習がスタートしました。

チーム交代に際しまして、旧チームの主将・主務からのご挨拶を掲載させて頂きます。

私達は新チーム当初から優勝を目指して練習に取り組んできました。
秋季リーグ戦では4位という悔しい結果に終わってしまいました。そのため、
冬から春にかけて練習内容やデータ分析をチーム全員で取り組んできました。
選手一人一人が責任感を持つことにつながり、自分達で考えながら野球をし、
チーム力はより一層強くなりました。迎えた春季リーグは優勝には届かず、
同率3位という悔しい結果に終わってしまいましたが、秋季リーグ戦よりも、
チームが1つになり闘えた思います。
この一年間、主将として様々な事を経験することができました。
また、チームを支えてくれた主務やマネージャーをはじめ、部員のみんなには
本当に感謝をしたいと思います。ありがとうございました。

最後になりますが、保護者や応援していただいた全ての方々に感謝を申し上げます。ありがとうございました。これからも高知大学硬式野球部をよろしくお願い致します。

旧主将 矢須健介
この1年間、明治神宮大会に出場を目指して取り組んできました。しかし、昨秋は4位、
今春も3位という結果で目標を達成することはできませんでした。小松前監督が勇退されて、
初めてのリーグ戦である秋季リーグでは、チャンスでのあと一本がでず、悔しい思いをしました。言い争うこともありましたが、チーム一丸となって戦ってきましたが。今春も優勝を逃してしまいました。
高知大学硬式野球部ではたくさんの良い経験をさせて頂きました。これからはスタンドで
応援することしかできませんが、後輩たちが優勝できるよう、サポートできればと思います。そして、3年間共に戦ってきた同期のみんなには感謝しかありません。最高の仲間と同じチームになれたということは、一番の財産となりました。
最後になりましたが、指導者の方々、OB・OGの方々、そして保護者の方々には
たいへんお世話になりました。本当にありがとうございました。
これからも高知大学硬式野球部の変わらぬご支援のほど、よろしくお願いします。

前主務 高木駿

今リーグをもちまして多くの4回生は引退となります。これまで応援やご支援してくださった保護者の方々、OBの方々、本当にありがとうございました。今後とも高知大学硬式野球部をよろしくお願い致します。

新主将・主務の挨拶は、チーム交代のご挨拶②でご紹介させていただきます。そちらもぜひご覧ください。

更新者:マネジャー佐野

春季リーグ戦⑤(VS松山大学)

ブログをご覧の皆さん、こんにちは(*^^)

更新が遅くなり申し訳ございません。

5月4日~6日に東部球場にて行われました、平成31年度春季四国六大学野球リーグ戦第5週、松山大学との試合結果を報告致します。

第一試合

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
高知大学 1 0 0 0 0 3 0 1 1  6
松山大学 4 0 0 0 0 0 0 0 0  4

 

高知大学 松山大学
投手 上ノ薗 大東、河野、坂口
捕手 矢須 三好
本塁打 なし 小田原
三塁打 なし なし
二塁打 尾谷 なし

高知大学オーダー

1. DH         柘植
2.セカンド    近藤
3.ファースト    尾谷
4.センター→ライト(9裏)  松本
5.ライト          岡田      →センター 田中利(9裏)
6.サード   中山
7.キャッチャー 矢須
8.レフト    小松       PH→田中瞭(6表) → レフト 田中瞭(7裏)
9.ショート         岡川
10.先発:上ノ薗

 

第二試合

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
松山大学 0 0 0 0 0 0 1 0 1  2
高知大学 0 0 0 0 0 0 1 0 0  1

 

松山大学 高知大学
投手 田渕、河野 松藤
捕手 三好 菅野
本塁打 高橋 なし
三塁打 なし なし
二塁打 なし なし

高知大学オーダー

1. DH         柘植
2.セカンド       近藤
3.ライト    岡田
4.センター          松本
5.サード         中山
6.レフト      小松
7.ファースト  緒方 →PH 黒瀬(7裏)→ファースト(8表) → PH 尾谷(9裏)
8.キャッチャー    菅野
9.ショート         岡川
10.先発:   松藤

 

第三試合

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
高知大学 0 0 2 2 0 0 0 0 0 4
松山大学 0 1 0 0 0 0 0 0 0  1

 

高知大学

松山大学

投手 松藤、上ノ薗 大東、河野
捕手 菅野、矢須 三好
本塁打 なし なし
三塁打 なし なし
二塁打 なし 平岡

高知大学オーダー

第3試合
1. サード        中山
2.セカンド       近藤
3.ファースト      尾谷
4.センター          松本     →レフト(8表)
5.DH         柘植
6.ライト      岡田 → センター 田中利(8裏)
7.レフト  小松    → ライト 小松(8裏)
8.キャッチャー     菅野      →矢須(7裏)
9.ショート         岡川
10.先発:   松藤      →上ノ薗(7裏)

 

以上です。

勝ち点1のいまだ厳しいリーグ戦で、第5週勝ち点を奪うことが出来なった場合、入れ替え戦が確定となっていたため、土壇場に追い込まれた第5週。

第1戦は4回生エース上ノ薗が登板し、初回スリーランを打たれるものの、エースらしい堂々としたピッチングで、スコアボードに0が並ぶ。試合が再び動いたのは、6表先頭柘植が四球で出塁すると、近藤一、尾谷のバントがライン際ぎりぎりにとどまり0死満塁の大チャンスを作る。4番松本がセンター前にはじき返し、まず1点を返す。続く岡田もセンターに打球を運び、一気に2人が生還し同点に追いつく。8回にも連続四球、相手の意表をつくダブルスチールでチャンスを広げると、中山のセーフティースクイズで逆転に成功する。9回にも相手投手の暴投の間に追加点を挙げ点差を広げる。松山大の代打で登場したラストバッターをセカンドフライに打ち取り試合終了。MVPには同点打を放った岡田が、VPには先制打を放ち、逆転のホームを踏んだ尾谷が選ばれた。

第2回戦では、2回生エース松藤が登板し、テンポの良いピッチングで7回まで試合が進む。試合に動きがみられたのは7回表、安打を許し、代打の選手にタイムリーを放たれ先制を許す。反撃したい高知大、その裏の攻撃で松本、中山の連続安打でチャンスを作り、続く小松も四球を選び、1死満塁にチャンスを広げる。代打の黒瀬がセンター前に運び試合をふりだしに戻す。しかし後続が続くことができずこの回は同点どまりであった。9回表先頭、高橋選手にレフトオーバーのソロホームランを打たれ、土壇場に追い込まれる。後がない高知大、9回裏中山が出塁し、小松が手堅くバントで送り、2死ながらも2塁とチャンスを作る。代打尾谷を送るものの三振となり試合終了。VPには先発投手として試合を作った松藤が選ばれた。

負けると入れ替え戦が確定の勝つしかない第3回戦。先発は第2回戦で好投した松藤が二日連続で先発のマウンドに上がる。2回裏失策が絡み、先制を許してしまうものの、3回表、中山、近藤一が連続安打を放ちチャンスを作り、3番尾谷の内野ゴロの間に1点、チャンスに強い4番松本がコンパクトにレフトにはじき返し、逆転に成功する。続く4回にも連打でチャンスを作ると、中山の内野安打、失策等で2点を返し、点差を広げる。しばらく膠着した試合展開が続く中7回裏に再び試合が動く。代打平岡選手にツーベースを許し、四球で2死ながらも1.2塁の本日最大のピンチを迎える。好投を続けた松藤に代わり、エース上ノ薗投入する。対するバッターは好打者、川又選手。上ノ薗が投じた第5球目はスピードガンで151㌔表示し、自慢のストレートで相手打者を圧倒し、見逃し三振でピンチを切りぬける。9回裏、代打が出場するものの上ノ薗が三人で切り抜け、試合終了。

平成最後のリーグ戦は勝ち点2で同率3位という結果になりました。今季リーグでは終盤での逆転負け、エラーが絡む失点が多く見受けられました。リーグ戦の独特の雰囲気に緊張することもありますが、緊張する中でいいプレイが出来た時は、選手の自信につながると思います。苦しい時踏ん張れたこと、チームメイトと共に練習し、本音でぶつかったりすることは今後の人生においても大きな経験になると思います。

今季リーグ戦で多くの4回生は引退となります。現4回生は16名と人数も多く、下級生の頃から、公式戦に出場している選手が多くいました。とても団結力が強く個性豊かな学年でした。新チームでは旧チームが果たせなった神宮出場を叶えてもらいたいと思います。

主将・主務のご挨拶は、後ほど掲載いたします。

今後の予定が決定しましたら改めてご連絡いたします。

リーグ戦の応援ありがとうございました。

 

更新者:マネージャー佐野

春季リーグ戦④(VS四国学院大学)

ブログをご覧の皆さん、こんばんは(*^^)

4月27日~29日に東部球場にて行われました、平成30年度秋季四国六大学野球リーグ戦第4週、四国学院大学との試合結果を報告致します。

第一試合

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
四国学院大学 0 0 1 0 4 1 1 0 0  7
高知大学 0 0 3 0 0 1 0 0 1  5

 

四国学院大学 高知大学
投手 加藤、照屋、下里 松藤、森山、藤原、西川
捕手 河野 菅野、矢須
本塁打 水上 尾谷
三塁打 黒岩 なし
二塁打 山根、川満、山田晃 柘植

高知大学オーダー

1. DH         柘植
2.セカンド       近藤
3.ファースト      尾谷
4.センター          松本
5.レフト         小松      →PH高木(9裏)
6.サード      中山
7.ショート  岡川
8.キャッチャー     菅野      →矢須(6裏)
9.ライト         大石
10.先発:   松藤     →森山(7表)     →藤原(8表)      →西川(9表)

 

第二試合

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
高知大学 0 3 2 0 0 0 0 3  8
四国学院大学 0 0 1 0 0 0 0  1×

 

高知大学 四国学院大学
投手 上ノ薗 富田、照屋、下里
捕手 矢須 石川、河野
本塁打 なし なし
三塁打 岡川 なし
二塁打 中山、田中瞭 なし

高知大学オーダー

1. DH         柘植
2.セカンド       近藤
3.ファースト      尾谷
4.センター          松本     →レフト(8表)
5.キャッチャー         矢須
6.ライト      岡田    →小松(8表)
7.サード  中山
8.レフト     田中瞭      →PH高木(8表)      →田中利(8裏)
9.ショート         岡川
10.先発:   上ノ薗

 

第三試合

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
四国学院大学 0 0 3 0 0 0 1 0 0  5
高知大学 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0

 

四国学院大学 高知大学
投手 下里、加藤 松藤、上ノ薗
捕手 河野 菅野、矢須
本塁打 なし なし
三塁打 水上 なし
二塁打 なし なし

高知大学オーダー

第3試合
1. DH         柘植
2.セカンド       近藤
3.ファースト      尾谷
4.センター          松本     →レフト(8表)
5.ライト         岡田
6.サード      中山
7.レフト  田中瞭      →PH黒瀬(6裏)      →大石(7表)
8.キャッチャー     菅野      →矢須(3表)
9.ショート         岡川
10.先発:   松藤      →上ノ薗(3表)

以上です。

 

いまだ勝ち点が1という苦しい状況が続く中、今週こそ連勝して勝ち点を取りたいところでしたが、力が及ばず最終週まで先の分からない展開となりました。

第1回戦は3回に相手に先制点を許すものの、その裏で1番柘植、続く近藤がヒットにより出塁すると3番尾谷が今季2本目となるホームランを放ち一気に3点を返し、逆転に成功しました。しかし、5回では投手松藤が捕まり、先頭打者にホームランを打たれてしまいます。これにより、勢いに乗った四学大に4点を取られ、再び追いかける展開となりました。6回、9回にも1点ずつ追加するも追いつくことなく敗北となりました。

第2回戦は2回に3つの四死球で満塁のチャンスを作り、7番中山、2番近藤の2本のタイムリーヒットで3点を先制します。続く4回にも2アウトから長打を含む3連打で2点を追加し、一気に四学大を突き放します。その裏に一点を返されますが、8回には満塁のチャンスで9番岡川が走者一掃のライトへのタイムリースリーベースヒットで3点を追加します。その裏を先発上ノ薗が3人で締め8回7点差によるコールド勝ちとなりました。

第3回戦は初回に先制点を許すとそのままどんどん差を広げられてしまいます。安打を放ちランナーを得点圏まで進めるものの、あと1本というところで後続を断たれ、得点を得ることができませんでした。守備の面ではエラーにより出塁させてしまった場面が目立ち、好投する上ノ薗を助けることができませんでした。

リーグ戦5週目は
5/4(土)9:30~ VS松山大学 @今治市営球場
5/5(日)14:00~ VS松山大学 @今治市営球場 でございます。
引き続き応援よろしくお願い致します。

更新者:マネージャー兼光

マネージャーが中心となって、野球部の情報をお届けします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。